ロマンチスト♂とリアリスト♀

四年間の英国↔日本の国際遠距離恋愛の末に結婚、イギリスウェールズへ移住 !!凸凹夫婦のウェールズ生活 :)

Butcherブッチャー

お肉屋さんのことをbutcherと呼びますが、このbutcherと言う単語は虐殺、人殺しなどの意味も含むので初めて聞いて調べたときは驚きました(^^;)
肉の解体をするところと言う意味だそうです。
ブッチャーは地域に一つは必ずあります。大型スーパーと比べると割高ですが、意外にもクリスチャンの国のイギリスですが今はイスラム教徒が増えてます。イスラム教のハラル肉の為にもブッチャーは無くてはならない存在です。


ブッチャーはフレンドリーなとこが多いです!なのでいいお肉で贅沢にすき焼きってときはブッチャーに事前に相談しておくと朝イチでベーコンスライサーにてスライスしてくれますが、人によってはあんまり上手くスライスできてないことがありますがスライスしてもらった以上買うしかないです(笑)
私たちのお気に入りは焼き肉用の牛はらみskirt steakスカートステーキと言います!
これはブッチャーでしか手に入らないです!!


節約中の私たち夫婦は日常はもっぱらスーパーの格安お肉で過ごしてます(^_^)
節約するなかでお気に入りなのがイギリス大手スーパーのASDA(日本だと西友にASDAのオリジナルお菓子とか売ってます)にてどれでも3パックで£10と言うなんとも激安なセットで済ませてます!
このセット牛、豚、鳥、ターキー、羊から選べます!しかもステーキ、ひき肉、ブロック肉、味つきとバラエティーも豊かです!
今回ローストチキン用のホールチキンが選べるようになってました(゜ロ゜;ノ)ノ
私たち夫婦二人でホールチキンはとてもではないですが食べきれません…そして悲しいことにうちのオーブンローストチキンするには少し弱すぎてかなりの時間がかかるのでやりたくない(*_*)
でもここ最近鶏肉が高くなってたり量が減ってたり…なんでなんでしょう?
鶏肉って料理しやすいですよね(*´-`)


沢山食べたいな…


このホールチキン解体したらどの位の鶏肉があるのだろうか…(゜-゜)(。_。)


大学で解剖学を学んだこともある為興味が湧き、実験をしてみることに!


相方はバイオレンスな映画は見られるのですが解体とか解剖などリアルなものは一切ダメなので、if you say so, let's do it( ;´_ゝ`)なんて言ってもこーんな顔してました(笑)


今回は牛ひき肉1kg、豚ロース8枚とホールチキンで£10なのでこの量で1500円前後でした!\(^^)/


キッチンに籠って暫くブッチャーになりきってました!


驚いのがめっちゃ水が肉と肉の合間から( ̄□ ̄;)!!
これ良くあるんですよね…でもこんなに出るとは思ってなかったです!!

プリっとした見栄えと重くするために美容整形のプラセンタのようですね(*_*;

日本の地鶏のナチュラルさと鶏肉の味そのものがちゃんとあるのはホントに素晴らしいと思ってます!!帰国したら地鶏が食べたい!


解体すること20分ちょっと
むね肉2、鳥手羽2、鳥もも骨付き2、ささみ2、せせり1、鳥もも小さいの6個くらいとスプーンで掻き出してひき肉にしたものが少しできました!
まぁ夫婦三食分にはなんとかなりますかねp(^^)q


とりあえず今晩は唐揚げパーティーにしました(^^)b


結果鳥のパックを買うよりは多く鶏肉は解体できたのですが、いろいろ下処理含めると手間がかかりますね(^^;)
相方も驚いて(ひいて)ましたねf(^^;
なので次回は鳥のパックにすると思いますが…でもいい経験になりました!やれば鳥のブッチャーになれるということがわかりました(笑)


ブッチャーしてみて、鳥の命を無駄にしてはいけないなと思えました!
今晩の唐揚げは有難いく頂きました!
これぞ食育ですね!!
面白い体験をさせて頂きました!


今回もお読み頂きましてありがとうございました!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。