ロマンチスト♂とリアリスト♀

四年間の英国↔日本の国際遠距離恋愛の末に結婚、イギリスウェールズへ移住 !!凸凹夫婦のウェールズ生活 :)


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

赤いポピーの日

今日11月11日は日本ではポッキーの日ですが、イギリスではポピーの日、リメンバラスデーと言い第一次世界大戦終結の日でそれに伴った戦没者追悼記念日になります。
戦没者を悼み、平和を願う日になります。
日本の終戦記念日と同じく、11時には二分間の黙祷があります。
ロンドンではビッグベンが鐘を鳴らして黙祷が始まります。
また慰霊碑にはロイヤル一家が献花します。そしてパレードが行われます。
ウェールズで仕事していた私もこの黙祷前後はテレビの前に待機し、みんなで黙祷を捧げました。
今日は朝本当にひどいどしゃ降り雨だったのに、式典前にはキレイな晴天になったので不思議な感じがしました!(>_<)


今年は第一次世界大戦終結が1918年であったことから100年目という大きな節目の年だったようです。

エリザベス女王が着けているように、町中でも赤いポピーを着ける人たちをよく見かけます。特にテレビ(イギリスの国営放送BBC)ではみーんな着けてます。
こちらはこのリメンバラスデーを支持している象徴になります。
なぜ赤いポピーなのか?
ウィキったところ、
それは第一次世界大戦終結後の焼け野原になったフランスとドイツで赤いポピーが咲きだしたと言う噂?ポエム?から来ているようです。
イギリスのことじゃないんだ…f(^^;
話には聞いてましたがイギリスのことだと思ってました!
恐らく私の周りのイギリス人もイギリスのことだと思ってそうですが…
ちなみに去年のですが、カーディフセネッド(ウェールズ カーディフの地域政府庁舎)のポピー

さらによくよく調べるとフランス、ドイツでも同じように式典があるようですが、イギリスと同じく連合国だったイタリア、日本、アメリカでは記念日が異なるようです。
きっと戦争終結の意味が恐らく異なってるからだと思います。


最近のイギリスのテレビは戦争内容が多く、今日はとことん戦争内容メイン。
とってもシューンってなります(*_*)
なんかこんなにもたくさんの人たちが戦争のない平和な世の中を願っているのに、今日もどこかでは傷ついている人たちがいると思うと悲しくなりました。
戦争ビジネスが無くてもやっていける経済力を各国は持っていると思うんですけどね。
人間って儚い生き物ですよね。
そして社会ってなんのための、誰のためのものなんでしょう?って考えてしまいました。


私は結構ディベートが好きなので、相方とはしょっちゅうこの社会システムについてお互いの意見や考えを話してます。
周りからは若干気持ち悪がられてますので、お家のみにしてます!!
…結構深くて楽しいんですけどね…(*´-`)


世界が平和でありますよーにと祈ってはいますが、
スケールがとても大きすぎるので、
今私ができること
私の周りの人が幸せでありますよーに。
そして少しでも私がみんなを幸せにできるよーに小さな心遣いから(^^)
周りが幸せだと私も幸せなので♪♪♪
このブログを読んで頂いている方も少しでも幸せな気持ちになれたらといつも思ってます(^^)/
また素敵な1週間をー!!p(^^)q

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。